ディズニーシー 2歳の息子と楽しんだアトラクション・ショー 10 一挙紹介

  • LINEで送る

こんにちは、

毎日コーヒー飲むおじさんです。

先日いったディズニーシー。

息子が2歳なので

アトラクションやショーは、

まだそんなに楽しめないかなと思っていましたが

ソコソコ楽しめました。

全部まとめて紹介します。

・事前確認 ベビーでも楽しめるアトラクション

事前に下のサイトで楽しめそうなものをピックUPしておきました。

一緒にたのしめるアトラクション・ショーそこで事前に気づいたのが

・ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

が残念ながら休止中でした。

アメリカンな列車がパーク内を走るやつです。

休止情報は、こちら<
確認できます。

電車好きの息子のために乗せてあげたい

と思っていたのですが残念でした。

当日は、ピクサープレイタイムで

マックイーンのショーを1番に見ました。

〈マックイーンの記事はこちら〉
の後に向かったのが

・アリエルのプレイグラウンド

でした。

アリエルの世界観で冒険ができる場所です。

中が迷路になって走り回って楽しみんでました。

クッション性の床で小さいお子さんが寝転がって

遊べそうな箇所もあったのですが

近くに噴水があって

水が吹き出してるので

ビシャビシャになったら困るの

でそこから退散。

着替えや水に濡れても良いカッコの子なら楽しめそうでした

流石に真冬なので水遊びしてる子は、いません。

その後にチャレンジしたのが

・マーメイドラグーンシアター

です。

アリエルが宙吊りで水中で

「リトル・マーメイド」の名曲を披露してくれる

ショーです。

約14分のコンサート、じっと出来ないかなと思ったのですが

最後まで座って

ちゃんと見ることができました。

なぜかアリエルのお父さんトリトン王が登場すると

「バイっバイっ」って

言って手をふってました。

チョットだけトリトン王が怖かったようです。

マーメイドゾーンのあとは、

エリアを変えて

・キャラバンカルーセル

に乗ろうとしたのですが

なぜかイヤイヤ発動で乗車拒否、後楽園に行った際には、妻と一緒に

メリーゴーランドにのってたのに。

・マジックランプシアター

も並ぶ時間が長かったためスルー

マーメイドラグーンシアターが大丈夫だったので

こちらも大丈夫かなと思ったのですが

長時間並ぶ事は、無理かなと断念。

・シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

も2歳の息子が大丈夫な気がするが

なぜか乗らなかった。

なんでだろう。

・ジャスミンのフライングカーペット

には、乗りました。

空飛ぶ絨毯に乗れるアトラクションです。

ハンドルが付いていて上下に自分で動かせませす。

待ち時間は、数10分あったと思いますが問題なく待てました。

前2人、後ろ2人乗4人乗りです。

前に妻と息子、後ろに私が乗ったのですが私は、乗らずに

外から写真撮ればよかったっと乗ってから後悔。

またまたエリアを変えて

・アクアトピア

水に浮かんだヴィーグルで渦巻きや間欠泉、滝を

進むアトラクションです。


そこそこ並んびましたが

以外に乗れるのが早かった気がします。

今回は、撮影に集中するぞ!と

妻と息子だけ並ばせて、撮影の準備と思ったのですが

ここでハプニング!

乗り物が動くコースが左右の両サイドにあり

どちらに乗るかわからなくて

気付いた時には、

半分くらい終わっていて

ベストなポジション取りができませんした。

しかも、この乗り物が予測不可能な動きをするため

いい写真が収められなかった。

写真を撮るお父さんは、注意が必要です。

最後は、

・ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

蒸気船にのってパーク内を一周です。

とても景色が良かったです。

ベビーカーのまま乗車させてもらいました。

思ったよりも色々な所でお座りできてたので

・トイ・ストーリー・マニア!

も行けたかもしれないけれど

3D眼鏡をじっと付けてられないだろうと思いやめておきました。

・おまけ

ピクサープレイタイムシーズンだったので

限定の物を食べました。

リトルグリーンまんは、

急に妻が買ってきてました。

3つの中身の味が違います。

どれも甘いです。

カフェボルトフィーノで

モンスターズインクセットを頂きました。

味は、想像どおりです。

ちょっと濃いめの味付けに思えた。

おじさんが歳いってるからそう感じるのかな。

なるほどって思ったらポチってください。おじさんだけが喜びます。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング

  • LINEで送る

コメントを残す

*