赤に乗る2017 大井川鉄道

  • LINEで送る

クリスマス前に
おじさん一家
ジェームスにのります。

大井川鐵道で走るリアル トーマスです。


本当は、トーマスに乗りたかったのですが
気づいた時にトーマスは
すでに売れ切れでした

でも
2歳の息子は
赤い車体が最近は、お気に入りのようなので
それは、それで良かったかも。

↑は、高田馬場のお祭りで息子がのったミニジェームス。

高田馬場のお祭りでもジェームスにのったことがあるのですが
今回は、本物のSLです。

そもそも
ジェームスってなんやねんって
お思いのスマホの前のあなた。
毎週日曜日 17:30 Eテレで放送中の
機関車トーマスを是非、ご覧ください。

 

ジェームスは、赤い車体のおしゃれ好きな機関車

このトーマスに出てくる
機関車たちは、どれも大事故、大事件をやらかしてくれる
集団の集まりです。
そう、人間以上に人間味溢れる個性派機関車集団。

どれもパワフル
どれもカラフル
どれもエゴイスト
どれもクレイジー
そんな
愉快なトーマスの仲間たちの
メインメンバーの1人(1台)が
赤いボディのジェームスです。

ジェームスは、
赤いボディが自慢のピカピカの機関車です。

目立つ赤色

トーマス達が住むソドー島で
赤いボディは、かなり目立ちます。

ソドー鉄道の局長ことトップハム・ハット卿の好きな色は、
青。
そのためか、ソドー島は、青や緑の中性色から寒色系の機関車が多いです。
暖色系のジェームスは、目立ちます。
トーマスもソドー島にやってきたときは、濃い緑色でしたが
トップハム・ハット卿の好きな色とうことで
今の色に変わりました

実は、昔は、色が違う
ドラえもん的な設定がトーマスにもあり、実は、ジェームスにもあります。

ジェームスも最初は、黒かったのですが
とある事件がきっかけで赤くなるのです。

大事件のあと赤色に

それは、木でできたブレーキが燃えてしまって
大脱線の大事故を起こします。
その事故のあと
修理で赤いボディに塗り変わります。
その時に、やっとブレーキも金属になります。

火災事故を起こした車体を真っ赤に塗り直し、
乗客をのせ運行するソドー鉄道スタッフ
炎上なんか気にしないスタイル。
気合いの入り方が半端ないですね。

エゴイスト

ジェームスは、
自分のためなら手段を選びません。
そして、失敗をします。

スリップコーチと言う特殊な技術がいる客車を引くのに
技術がないのに引いて、事故を起こしました。

トーマスとの競争に勝ちたいため
お客さんを乗せないで走り問題を起こしました。

見栄を張って、沢山の貨車を引いて
カーブで曲がり切れずに脱線して、崖に落ちて
新人のディゼール機関車の上に落ちます。

このブログを書いていたら、
ちょっとジェームスに乗るの怖くなってきました。

当日は、
ソドー鉄道では、なく
大井川鐵道という日本のスタッフが運営するので
問題ないでしょう。

今日も
ジェームスおじさんのブログを読んでくれて
ありがとう。

 

なるほどって思ったらポチってください。おじさんだけが喜びます。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング

  • LINEで送る

コメントを残す

*