3歳児 大興奮! シアターGロッソを攻略!

  • LINEで送る

こんにちは、

断然ルパンレンジャー派のおじさんです。

3歳になる

息子とシアターGロッソに行ってきました。

シアターGロッソ

東京ドームシティ内にある

たまに、アイドル等のイベントもやるらしいですが

基本ヒーロショー専用の劇場です。

戦隊モノの番組のCMにでてくる

僕と握手!

のあれですね。

そこに3歳になった息子と行ってみました。

 

東京ドームの駐車場

土曜日に行ったのですが

ドームの駐車場って土日は、

なんか満車になるイメージがあり

停められないかなと思っていました。

もしも、停められないなら近くのパーキングに止める気持ちで向かったのですが

空車ありで問題なく停められました。

思ったより混んでない印象でした。

東京ドームシティ 駐車場は、3箇所あって

ミーツポート側の駐車場に停めました。

ヒーローショーをみればチケットカウンターで

4時間で1,000円の駐車チケットを購入することができます。

駐車場情報の詳細は、こちら

至る所に案内があるのでそんなに迷わないと思いますが

シアターGロッソは、

東京ドームシティのアトラクションズエリアにあるので

駐車場は、ミーツポートが一番近いと思います。

シアターGロッソのアクセスは、こちら

チケット購入方法

その日は、11時の回と14時の回があり

10時10分頃にカウンターについたのですが

当日券も難なく購入できました。

但し、席が全席指定です。

良い席は、全て埋まってしまっていました。

それでも、希望していた端っこの席で購入ができました。

息子が3歳で他の子よりも落ち着きがなく活発なので

途中退場の可能性もあるかなぁと思い端っこの席を選択。

ECサイトやコンビニでもチケットは、購入できるらしく

入り口でチケットではなく、スマホを見せてる人も多くいましたね。

みんなWEBでいい席を指定してから

臨んでいる様子でした。

チケット購入の詳細は、こちら

開演前のお出迎え

10時20分頃になると入り口に人の列ができていて

10時30分には、ヒーローがこんな感じでお出迎えしてくれます。

 

ヒーローがちょっとした挨拶をします。

チケットをってない人もこのシーンは、見ることが可能でした。

保護者もシャッターチャンスでカメラがいっぱいです。

ルパンレッド、佇まいが

かっちぇよえぇですね。

ヒーローの中から1人選ばれてお出向かしてくれるみたいです。

14時の回は、パトレンXだったかな。

ホームページでお出迎えヒーローのスケジュールも確認可です。

お出迎えスケジュールは、こちら

子供が我慢できそうなら早めにならんで

お出迎えシーンを堪能してから入場するのが良さそうです。

再入場可なので早めに

席についても上演前にトイレに行けます。

驚きの舞台

会場に入ると

舞台の大きさに驚きです。

あんまり装置の内容を言うとネタバレになってしまいますが

とにかく舞台の装置がすごいです。

画面に映ってる舞台すべてプロジェクションマッピングです。

↓の上映後の写真とくらべると凄さが伝わるかと思います。

 

ちなみに

上映中は、撮影禁止です。

写真は、握手会のときのものです。

上映後の握手会は、撮影可です。

座席の高さが絶妙、子供の性格別おすすめ席

普通の映画館よりも小さい子が見やすいように

配慮されている気がします。

前の座席と段差が大きい気がします。

前の写真でも分かると思いますが前の人の後頭部が気にならず

舞台を見ることができますので基本どの席でも

不満は、なさそうです。

その中でも

途中、通路をヒーローや怪人が通りますので

L席あたりが迫力あるかと思います。

怖がりの子は、最前列やL席は、やめた方が良いかもです。

知り合いの子は、あまりの怪人の怖さにトラウマになり

TV放送も見なくなってしまいました。

それぐらい、迫力あります。

なので怖がりの子は、通路側は、絶対取らないほうが

良さそうです。

度胸があるうちの息子も

ギャングラーが近づいてきたときは、

泣きはしませんでしたが心拍数が結構あがっていました。

U列から後ろまでは、怪人は、迫ってこないので

怖がりの子は、U列から後ろが良いかもです。

プロジェクションマッピングを楽しむなら

全体像が見えるため後ろの方が良いかもです。

また、途中退席する可能性がありそうなら

後ろの端の席が良いかもです。

ウチの子は、大丈夫でしたが

途中退出する子も結構いましたね。

座席案内は、こちら

上映時間

ちょうど良い30分の上映時間です。

あまり、長すぎると子供飽きると思いますが

30分なのでちょうど良いです。

とはいえ、ストーリー的には、各展開は、あるものの

戦いっぱなしの30分です。

飽きてる子もいましたね。

ウチの子も一瞬後ろを指して「あっち、あっち(行きたい)」

と1回だけ言ってました。

おじさん的には、迫力のアクション、舞台装置

を楽しむには、ちょうどよい時間に感じましたね。

ずっとヒーローのまま

TVだとヒーローの変身シーンがありますが

ヒーローは、変身しません。

はじめから最後までヒーローのカッコのままです。

当たり前といえば、当たり前かもしれませんが

演者に役者さんは、でてきません。

さらにルパンイエローの声は、元モーニング娘。

では、ありません。

ルパンイエロー/早見初美花を演じてる工藤 遥さんは、元モーニング娘。のメンバーです。

おじさん的には、ちょっとルパンイエローの声が

工藤さんのハスキーボイスと違う感じだったが

残念ポイントでした。

事務所の都合なのかな。

とおもったらこんなものを発見!

特別講演

素顔の戦士が登場

シアタージーロッソの講演は、

一般講演と特別講演とあるらしく

おじさんが今回見たのは、一般講演で特別講演には、

いつものヒーローになる前の役者さんも登場するらしい。

大人の事情でお値段も

通常公演 1,500円(3才以上・税込)

ですが

特別公演
おとな : 2,700円(中学生以上・税込)

こども : 2,000円(3才~小学生・税込)

と金額が変わります。

特別講演は、抽選先行販売型に変わるみたい。

どれ位の倍率なんだろう。

詳細は、こちら

今度は、特別講演も見てみたいですね

役者の方々、みんなTwitterやってますね。

 

オフショットが見れてなんだか面白いですね。

子供が見たらどう思うんだろうか。

あ、そうか別人だと思うか、良い子は、ね。

というか、ルパパト見てる子どもたちは、Twitterなんかみないか。

握手会

講演が終わると握手会と撮影会があります。

握手会と撮影会に参加するには、

事前に別の専用チケットを会場で開演前に購入する必要があります。

 

こんな感じで入口の横で売ってます。

握手会が520円、撮影会は、1,030円です。

一瞬、別料金なんかーい。

と思いましたが

握手会の方だけチケットをおじさんも息子に購入してあげました。

 

こんな感じで

舞台にヒーロー達がずらっと並んで順番に握手してくれます。

ステージを見た3分1位の子達が残って握手会に参加していました。

そのため少し時間がかかるので

やっぱり、待てない子は、難しいかもです。

チケットには、アルファベットがふってあって

1つのアルファベットに10〜20人位に分かれていそうでした。

Aから順番に舞台に呼ばれる仕組みになっています。

ウチの子のチケットは、Fだったので

握手会が始まってから10分位待ちました。

せっかちなお子さんとかだと早めに握手会チケット購入した方が良いかもです。

握手会のあとに撮影会があります。

全員の子との握手が終わってから撮影会なので

撮影会に挑む子は、時間を待てるの子の方が良さそうです。

それでも結構な数の子が握手会と撮影会のチケットを購入していましたね。

ヒーロー関連施設

ちなみに会場の脇、アソボーノ方面側のトイレの手前に

ヒーローと撮影するのでは、なく

ヒーローの格好をして

写真を取れるヒーロー写真館なるものもありました。

そちらも値段は、1,030円です。

自分の写真大好きとか衣装を着るの好きな子は、

ソッチの方が良いかもですね。

その他にも

 

地下1階には、スーパー戦隊ランドなる

アトラクション施設もありました。

2才以上お1人様520円(30分間)です。

活発なお子さんには、良さそうな感じです。

ここによったら帰れなくなりそうだったので今回は、パスしました。

 

最後は、おねだり

開演後の出口付近に

おもちゃ売り場 東京宝島の売り場がすぐにありますので注意です。

戦隊ヒーロー以外にもジブリ系、アンパンマン系、ジャイアンツ系、トミカ系

等々いろんなおもちゃが売っています。

はい、おねだり攻撃です。。。

ちなみに息子は

普通に一番でかい箱の前に止まり、「あれ、あれ(買って)」

と言ってきましたが

色々と30分位眺めて、ガチャガチャで1個で我慢してもらいました。

 



↑が欲しかったみたい。

えらいぞ!息子!よく我慢した。

以上

ちなみに

シアタージーロッソは、おもっちゃを持って入場もOKです。

東京宝島は、定価で販売なので

Amazonで購入して行った方が良いかもです。

 

また、Gロッソ行きたいな。

長々、読んで頂きありがとうございました。

  • LINEで送る

コメントを残す

*