子供と旅行

HISのツアー「そらとぶピカチュウプロジェクト 沖縄であそぼ」で初めて沖縄に行ってきた!その1

そらとぶピカチュウプロジェクト
そらとぶピカチュウプロジェクト

こんにちは、なるほどママです。

我が家の一人息子くんが幼稚園を卒園して、4月からいよいよ小学一年生。
卒園&入学お祝いとして、春休みに家族で23日で沖縄に旅行に行ってきました。

沖縄に決めたワケ

なんで卒園&入学祝いの旅行先が沖縄に決まったのかと言うと、

  • 息子くんとなるほどママは、今まで一度も飛行機に乗ったことがない。
  • 息子くんは今まで一度も海で波とたわむれたことがない。

だったから。

そんな折に、ちょうど沖縄でこれまた息子くんが大好きなポケモンが満喫できるHISの「そらとぶピカチュウプロジェクト 沖縄であそぼ」ツアーが始まっていることを知ったので、これは是非行かなくては!と思い、早速旅行を申し込みました。

HIS そらとぶピカチュウプロジェクト 沖縄であそぼ

そらとぶピカチュウプロジェクト 沖縄であそぼ

まあ、23日の1日ツアー付きとなると、1日目の午後&3日目の午前中しかフリータイムがないので、ツアーで回らないけどライトアップされたポケモンたちに出会える東南植物楽園を、初日の夕方にスケジューリングしました。

東南植物楽園

東南植物楽園

また、宿泊するホテルは、息子くんが初めての海が満喫できるように海辺のホテルをセレクトしました(とはいえ、まだ海開きしていない時期だったので足ピチャ程度なのですが)。しかもここのホテルは、なんと言っても全室オーシャンビュー!せっかく海辺のホテルに宿泊するからには、海、眺めたいですもんね。笑

ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート

ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート

ホテルの屋外プールもまだシーズンオフだったのですが、ホテルモントレには屋内プールもあるようでしたので、一応水着を用意しました。

生まれて初めての飛行機!

そういえば息子くん、羽田空港も初めてでした。

朝早く車で羽田空港まで行き、チェックイン&荷物を預け、手荷物チェックをし(そういえば、息子くん用に水筒にカルピスを入れて持って行っていたので、手荷物チェックでNGだと思って事前にトイレで水筒の中身を捨てていたんですけど、国内線の場合は、国際線のルールと違って手荷物検察官の前でその液体を一口飲んで見せればOKなんですね!知りませんでした!)、朝ごはんに搭乗口付近のお店でお蕎麦を食べて、いざ搭乗口へ。

搭乗口の窓越しにはたくさんの飛行機が見えていました。

ピカチュウジェットではなかった飛行機「そらとぶピカチュウプロジェクト 沖縄であそぼ」でも、結構アピールされていたポケモンのラッピングジェット機「ピカチュウジェット」にいよいよご対面できるのかと家族みんなでワクワクしてカメラを構えていたのですが、待てど暮らせどいっこうにピカチュウジェットに出会えない

ドキドキしながら搭乗口にいたスカイマークのお姉さんに確認しちゃいました。

すると、そのスカイマークのお姉さんが言うには、「今日はピカチュウジェットはいません」とのこと。

後日、スカイマークのピカチュウジェットのホームページで、「今日・明日のピカチュウジェット運行状況」が確認できるって知りました。でも、今日・明日分しか確認しようがないので、ホント乗れたらラッキー!って程度に考えていないと、(子供の)ショックが大きいので気をつけてください。

スカイマーク「ピカチュウジェット」

いよいよ搭乗!

そしていよいよ息子くん、生まれて初めての飛行機に搭乗です。笑

ところで、スカイマークは今回が初めての利用だったのですが、スカイマークって搭乗する順番の優先条件で体の不自由な方や妊娠中の方はもちろん優先的に搭乗させていただけるのですが、「12歳以下」の小さなお子様とお連れの方も優先的に搭乗させていただけるんです。

小さなお子様の年齢範囲が12歳以下って結構幅広く設定してくれていて、我が家はあと数年は優先搭乗させてもらえそうです。

搭乗してしばらくはちょっと余裕があった息子くんでしたが、いよいよ離陸する、という時の独特の振動とGを体に感じ始めた頃から「怖い、怖い」と言いつつ若干の涙目で飛行機の窓から外の景色を眺めていました。

ですが、いざ離陸後しばらくして機内が安定すると、安心したのと早朝から動き回った疲れとで息子くんは夢の中へ

今日は朝早くから初めてのことばっかりでドキドキワクワクしてたもんね〜。

でも本当の沖縄はこれからだよ〜、息子くん。

あ、飛行機は残念ながらピカチュウジェットではありませんでしたが、機内サービスのキットカットと子供用のジュースのコップは、ちゃんとピカチュウ仕様でした。

そらとぶピカチュウプロジェクト

しかも、着陸少し前になると、キャンディのサービスも。

このキャンディは、着陸に向けて高度を下げる際の気圧の変化で耳が痛くなりますが、キャンディを舐めていることによって自然と唾を飲み込むことができて耳が痛くなるのを予防するためにキャンディをサービスしてくれているとのこと。

なかなかのナイスアイディアですね!

今回のなるほど!

  • スカイマークさんの着陸する少し前に配ってもらえるキャンディは、気圧の変化で耳が痛くならないためのナイスなサービスだった!

このブログに共感していただけたら、また読みにきていただけると嬉しいです。モチベアップになります!