子育て

恐怖の児童館:お友達を噛んだりぶったりしてしまう2歳児!

こんにちは、なるほどママです。

昔の話をします。

息子くんは2歳頃から、突然噛んだり、ぶったりするようになりました。

今思うと、まだ発語がなかったので、それは彼の意思表示だったのかもしれませんが。

息子くんが急に噛んだりぶったりするようになった

私には結局きっかけはわかりませんでした。

ただ、日に日に誰かを噛んだりぶったりする回数が増えていってしまいました。

まだ、私が噛まれたりぶったりする分には構わないんです。

その時には、「噛んだりぶったりすると、とっても痛いからやめて」と何度も言って聞かせていました。

でも、とうとう息子くんのその行動はお友達にもするようになってしまい…。

恐怖の児童館

近所の児童館では、幼児向けの遊具やイベントを数多くやっていたのでよく遊びに行ってましたが、息子くんが「噛む&ぶつ」行動をするようになってからは、私にとって児童館が恐怖の場所に変わりました。

いつ、息子くんがお友達を噛んだりぶったりするかわからないので、常に息子くんにピッタリと張り付き、お友達に近づくようなものなら息子くんとお友達の間に割り込んで息子くんがお友達に手を出さないように終始見張っていました。

そう、子どもを見守る、ではなく子どもを見張っている感じです。

息子くんの近くで子どもが泣くたび、「もしかしたら、息子くんが何かしてしまったんじゃないか」とビクビクしていました。

そして、仮に息子くんがお友達を傷つけてしまった場合を想定して、お詫びとして相手のお子さんに渡せるように、こども用のお菓子を小分けにラッピングして持ち歩いていました。

そんな私を見かねてか、児童館のスタッフの方が、

「そんなにお子さんにピッタリくっついていなくても大丈夫よ。私がついててあげるからママさんは他のママさんとお話ししてきたら?」

と声をかけてくださったこともありました。

その言葉に甘えて、児童館のスタッフさんに息子くんの面倒を任せ、少し後ろにいた馴染みのあるママさんとお話ししようと目を離した瞬間に、事件は起きました。

息子くんが児童館にいた他のお子さんを噛んじゃった!

息子くんがニコニコしながら、自動車のおもちゃに乗って遊んでいた子に近づいていった次の瞬間、そのお子さんが「いたーい!!!」と行って泣き出しました。

もちろん息子くんの側には、児童館のスタッフの方もいらっしゃったのですが、ちょっと距離を置いて見守っていたので、止めに入るのが間に合いませんでした。

やってしまった…。

息子くんを止められなかった…。

私はすぐにお詫びのお菓子をバッグから出して、そのお子さんのところに向かいました。

泣いているお子さんのそばにはそのお子さんのママさんもいて、お子さんを抱っこしていました。

息子くんは児童館のスタッフの方が抱えて抱っこしながら、その泣いているお子さんの心配をしていました。

私は泣いているお子さんに向かって「ごめんね、噛まれたの?痛かったね。本当にごめんね」と言って、そのお子さんのママにも息子の行動を止められなかったことを平謝りして、もし、お子さんに詫びの印のお菓子を渡したいことを告げて、ママから了承いただいた後に、そのお子さんにお菓子を渡しました。

可愛い袋でラッピングしたお菓子を渡すと、泣いていたお子さんも泣き止んで「このお菓子大好き!」と笑ってくれましたが、本当に本当に申し訳なかったと思っています。

息子くんには「噛んだら痛いから、絶対に噛んじゃダメ!!!!」と強く、強く言い聞かせました。

また、児童館のスタッフの方には「私が代わりに見ていると言っておきながら、こんなことになってしまってすみませんでした」と謝られました。

まだ児童館で遊びたい、と駄々をこねる息子くんの腕を無理やり引っ張って、逃げるように児童館から帰りました。

帰り際児童館の他のスタッフの方に「また絶対に遊びにきてね」と念を押されましたが、当時の私にとっては呪いの言葉にしか聞こえませんでした。

今になって思うこと

ほんとにあの頃は、お友達と一緒に息子くんを遊ばせることが、苦痛で苦痛で毎日が地獄でした。

そのストレスを発散するのに、コンビニでスイーツを買って家で食べてましたが、ダイエットもしていないのに体重がどんどん減っていったのを覚えています。

結局、その息子くんの「噛む&ぶつ」行動は1年位続いたんですよね…。

あの頃の私、よく頑張ったよ…。