生活

恐怖!突然手のひらの静脈が腫れちゃった!!

手のひらの静脈血栓

こんにちは、なるほどママです。

突然、手のひらの静脈が腫れて膨らんじゃって焦った話を書いていこうと思います。

朝の違和感

ある朝、いつも通りに息子くんを起こして朝ご飯の支度をしていた時に、何気なく右手の手のひらを触ると、違和感が

見ると、右手のひらの静脈部分のある1箇所が、ぷくっと膨らんでいるではありませんか!!

手のひらの静脈血栓

な、な、な、なんじゃこりゃ?!?!?!

生まれてこの方、こんなの見たことがありません。

なんなのなんなの?!?!

これ、どうしたらいいの?!?!

朝ご飯の支度もそっちのけでネット検索。

「手のひら」「静脈」「膨らむ」でネット検索したところ、「ハンドベイン」という言葉が表示されました。

ハンドペインとは

ハンドベインとは、手の甲や腕の血管が浮き出て目立ってしまう状態のことで、基本的には病気ではないとのこと。

でも、私の手に出ている症状は手の甲や腕ではなく、手のひら。

どうやらハンドベインではなさそうです

ネットではなかなか有益な情報が出てこなかったので、これは病院に行くべきか?とも思ったのですが

何科の病院に行けばいいの????

皮膚科?外科?それとも整形外科?

朝ごはんの支度をしながら、「手」「外科」でネット検索しました。

するとヒットするもんですね、「手の外科」や「手のクリニック」が。

正直こんなに病院があるなんて、思っていませんでした。

いくつもヒットした病院の中から、家から行きやすい「整形外科・手のクリニック」を探して、息子くんとパパさんが出かけて洗濯物を干してから出かけることにしました。

が。

子供の具合が悪い時って、すぐさま病院に行くんですけど。

それが自分の体の具合になると

「面倒臭いなあ」とか「なんか大きな病気だったら怖いなあ」とか色々考えちゃって、なかなか病院に行く決心がつきません。汗

それでも、手のひらの膨らみは気になるし、膨らみを押すとちょっと痛かったりするので、心を決めていざ病院へ!

いざ「整形外科・手のクリニック」へ

病院に着くと、整形外科だけあって結構な人数の方が待合室にいましたが、その半数位の方はリハビリで通院されているようで、診察で待っている方は45人程でした。

待合室で15分程待つと呼ばれたので診察室へ。

診察室には初老の、とても優しそうな先生がいらっしゃいました。

「今日はどうしましたか?」と聞かれたので、手のひらの静脈が1箇所プクッと膨らんでしまった場所を見せると、超音波の機械を使って診てくれました。

ドキドキして診断結果を待っていると、先生の口から出た言葉は、

「静脈血栓」

というものでした。

静脈血栓とは

静脈血栓とは、静脈の中で血の塊(血栓)ができて詰まってしまう症状のことで、悪い病気ではないとのこと。

そして、とりあえずは「様子見」だとも言われました。

なんでもこの血栓は、しばらく(と言っても数ヶ月)すれば吸収されてなくなってしまうこともあるし、無くならない場合もあるらしく。

もし、仮に無くならず、どうしてもこの膨らみが気になる場合は、切って取ってしまうこともできるとのこと。

ちなみに切って取ってしまう処置は、とても簡単なもので30分程度でできるのだそう。

先生は穏やかに色々細かく説明してくださいました。

おかげで私の不安も一気に解消!!

病院に来る時とは打って変わって軽い足取りで家路に着くことができました。笑

今回のなるほど!

  • ハンドベインという、手の甲や腕の血管が浮き出て目立ってしまうことがあるということ。
  • 手のクリニックがあること。
  • 静脈血栓という、静脈の中で血の塊(血栓)が詰まってしまうことがあるということ。ただ、今回の手のひらの静脈血栓は、数ヶ月経つと消えてなくなってしまうことがあること。もし無くならなかったら、30程度の簡単な手術で治すことができること。

このブログに共感していただけたら、また読みにきていただけると嬉しいです。モチベアップになります!